自動車と保険の関係

| 未分類 |

自動車を購入する際は、セットで保険の加入も検討するのが一般的ですが、一言で保険と言っても一つの商品には様々な補償が含まれており、日常生活でも役に立てることが出来ます。まず、怪我の補償として知られる人身傷害保険は車に乗っている時だけではなく、外にいる際に交通事故にあった時や、自転車に乗っている時の怪我も補償の対象とする事が出来ます。若干割高にはなりますが、いざという時のことを考えると、さほど高い出費ではありません。また、セットの特約を利用すれば日常生活で人に怪我をさせてしまった時などに補償される日常生活賠償としての機能も果たすことが出来ます。また、多くの会社の商品にセットされているロードサービスは、レッカー搬送やインキーなど、多くのアクシデントに関する手助けを無料で受けることが出来ます。さらに事故を起こしてしまった際、会社の指定する工場に車を入庫すると代車の無料貸し出しなどのサービスを受けることが出来ます。ちなみに人身傷害に加入する場合、少なくとも5000万円以上の補償を付帯することを勧めます。3000万円で十分だという意見が多く見られますが、一般家庭の世帯主の収入や休業の損失を考えると、3000万円では少ないケースが多いです。