自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は損害保険の一種で、自動車と原動機付自転車を使用する全ての運転者に加入が義務付けられています。加入手続きは車検証の更新を行う際に一緒に行うのが一般的です。自賠責保険に加入しないまま車を運転するのは無保険車運行となり、法律に基づく処罰の対象となります。また、運転者は運転時に必ず自賠責保険証明書を携帯しなければならず、不携帯だった場合は法律に基づいて処罰されます。
自賠責保険の目的は、人身交通事故の被害者の救済です。民間の自動車保険では加害者と被害者の過失割合を決定した後に補償額が決定されるのに対し、自賠責保険の場合は交通事故によって負傷すれば被害者となり、保険金を請求すれば相手の自賠責保険から保険金が支払われます。
保険金は、被害者に重過失があると認定されない限り全額が支払われます。支払われる金額の上限は被害者の被害の程度によって異なり、死亡した場合は3,000万円、後遺障害は障害の程度に応じて75~3,000万円、傷害は120万円となっています。金額だけを見ると高額に見えますが、実際には事故の損害を填補するのに自賠責保険の範囲では不十分であることがしばしばあり、ほとんどの運転者は自賠責保険とは別に民間の損害保険会社が提供している自動車保険に加入して、万が一の事故に備えています。