自動車保険を種類別に3種類に分けるとすると、購入媒体、用途、使用量に分けることができます。まず、保険に加入する際、主にふたつの媒体を通して加入することになります。ひとつめは保険代理店を通す方法で、国内損保と言われる保険会社の保険に加入する際は、それぞれの保険会社と委託契約を結んでいる代理店を通すのが一般的です。もうひとつは通販型といわれる加入方法で、主にインターネットを通じて加入します。外資系損保と言われる保険会社に加入する際に利用することが多いです。次に用途ごとに加入する種類があります。つまり、なんの目的で自動車を保有しているかによって保険料が変わるというものです。日常的に車を利用する方、通勤などに利用する方など、使用頻度の高いグループと、週末や休みの日しか使用しない利用頻度の低いグループに分けられます。当然ながら、使用頻度の高いグループが保険料が高額になります。そして、走行距離によって保険料が異なるケースがあります。テレマティクスと呼ばれるこの方法は、最近では海外を中心に普及し、これから日本国内でも普及されると言われています。国内でも、すでにこの手法で販売されている保険もあります。