自賠責保険とは

| 未分類 |

自動車賠償責任保険(自賠責保険)は、国が自動車賠償責任保険法に基づいて運営し、日本の損害保険会社複数社によって取り扱われている保険です。この保険は、自動車や原付バイクを使用する者すべてに加入の義務があり、加入せずに道路上で車両を運行させてはならないことになっています。
自動車賠償責任保険の役割は、人身事故の被害者に対する最低限の補償です。そのため、物損事故は対象になっていません。保険金の支払いについても被害者側に有利な仕組みになっており、被害者は過失割合が7割以上になっていなければ保険金が全額支払われます。保険金の請求についても被害者側が優先され、加害者側は被害者への損害賠償金の支払いが終了した後に保険金の請求ができるようになります。
自動車賠償責任保険は、加害者と被害者の関係がはっきりしている場合に利用することができます。そのため、加害者がはっきりしないひき逃げ事故などのようなケースでは、すぐに自動車賠償責任保険からの保険金の支払いが受けられない可能性があります。国では、このようなケースや、加害者に自動車賠償責任保険の支払い能力が無いケースなどでも被害者が救済を受けられるように、自動車賠償責任保険の制度を補完する制度として、事故の加害者に代わって国が損害を填補する政府保障事業制度を設けています。