自動車保険の保険の種類の一つである対人賠償保険は、保険契約の対象となっている自動車の所有・使用・管理によって他人を死なせたり、傷害をおわせてしまい、その結果法律上の損害賠償責任が発生した場合に適用される保険です。
一般的に、保険商品を理解する場合は、被保険者の範囲と支払対象の範囲についてよく把握しておく必要がありますが、この保険において被保険者となるのは、保険証券に記載されている者(記名被保険者)本人とその配偶者、同居の親族、婚姻歴が無い別居の子で、記名被保険者の使用者や、記名被保険者の承諾を得て使用している者がいる場合は、その者も被保険者に含まれます。支払対象者は他人、言い換えると被保険者以外の者となります。そのため、被保険者による自動車事故で被保険者だけが被害を受けた場合はこの保険が適用されないので注意が必要です。
また、この保険が適用されるには、事故の賠償額が自賠責保険で補償できる範囲を超えていなければなりません。そして、保険が適用された場合に支払われる保険金の金額は、事故の賠償額から自賠責保険による支払い分を除いた金額となります。つまり、この保険は自賠責保険でカバーしきれない部分をカバーするための保険だということがいえます。