自動車保険の種類の一つである対物賠償保険は、自動車事故で他人が所有・使用している財産や物品に損害を与えてしまい、法律上の賠償責任を追わなければならなくなった場合に適用される保険です。例えば、車の操作ミスで電柱にぶつかったり、店に突っ込んでしまったりすると、事故処理が終わった後に復旧費用として多額の損害賠償を請求される場合があります。このようなケースに役立つのがこの賠償保険で、他人を死傷させた場合に適用される対人賠償保険とともに自動車保険の中では特に重要な保険となっています。
この賠償保険における「他人」の定義は、対人賠償保険における「他人」と同様です。つまり、記名被保険者とその配偶者、同居している親族、別居している子供のうち未婚である者、記名被保険者の使用者などが所有・使用している財産については賠償保険が適用されません。
また、この保険の適用範囲は広く、財産や物品の損害だけでなく、その損害が原因で起こる損害についても補償の対象となります。例えば、店先に突っ込んだ場合、その店は復旧が終わるまで営業ができない状態になりますが、この時の休業による損失はこの傷害保険で補償を受けることができます。また、自動車事故の当事者の一方がタクシーだった場合、車両の修理が完了するまでの期間で発生すると考えられる損失について、補償を受けることができます。