任意保険とは

| 未分類 |

自動車の保険は大きく分けて二種類のものがあります。一つ自賠責保険で道路を走行する自動車に加入が義務付けられています。自賠責保険は対人事故だけ支払い対象となるため、自動車の修理費や運転者本人のケガについては、自賠責保険ではカバーされません。自賠責保険では、交通事故により発生した損害のカバーが十分ではないため、それをカバーする役割として任意保険があります。自賠責保険とは違って加入は義務ではありません。具体的な補償として、自分の自動車の損害をカバーする車両保険、相手の物的損害をカバーする対物保険、自賠責保険の限度額を超えた分を補償する対人保険、運転者本人のケガを補償する人身傷害保険が主なものになります。それ以外に特約として補償されるものが、レッカー代や自分の自動車を修理する際に借りたレンタカー代をカバーするもの、交通事故で損害を被った場合に相手へ損害賠償を請求する際の弁護士費用をカバーするもの、契約車両に搭乗していてケガをした際に定額で補償されるもの等があります。このように交通事故による損害の広い範囲をカバーする役割があるため、任意とはいえ必ず加入した上で自動車を運転することを心掛けましょう。