» 未分類のブログ記事

自賠責保険とは

| 未分類 |

自動車賠償責任保険(自賠責保険)は、国が自動車賠償責任保険法に基づいて運営し、日本の損害保険会社複数社によって取り扱われている保険です。この保険は、自動車や原付バイクを使用する者すべてに加入の義務があり、加入せずに道路上で車両を運行させてはならないことになっています。
自動車賠償責任保険の役割は、人身事故の被害者に対する最低限の補償です。そのため、物損事故は対象になっていません。保険金の支払いについても被害者側に有利な仕組みになっており、被害者は過失割合が7割以上になっていなければ保険金が全額支払われます。保険金の請求についても被害者側が優先され、加害者側は被害者への損害賠償金の支払いが終了した後に保険金の請求ができるようになります。
自動車賠償責任保険は、加害者と被害者の関係がはっきりしている場合に利用することができます。そのため、加害者がはっきりしないひき逃げ事故などのようなケースでは、すぐに自動車賠償責任保険からの保険金の支払いが受けられない可能性があります。国では、このようなケースや、加害者に自動車賠償責任保険の支払い能力が無いケースなどでも被害者が救済を受けられるように、自動車賠償責任保険の制度を補完する制度として、事故の加害者に代わって国が損害を填補する政府保障事業制度を設けています。

任意保険とは

| 未分類 |

自動車の保険は大きく分けて二種類のものがあります。一つ自賠責保険で道路を走行する自動車に加入が義務付けられています。自賠責保険は対人事故だけ支払い対象となるため、自動車の修理費や運転者本人のケガについては、自賠責保険ではカバーされません。自賠責保険では、交通事故により発生した損害のカバーが十分ではないため、それをカバーする役割として任意保険があります。自賠責保険とは違って加入は義務ではありません。具体的な補償として、自分の自動車の損害をカバーする車両保険、相手の物的損害をカバーする対物保険、自賠責保険の限度額を超えた分を補償する対人保険、運転者本人のケガを補償する人身傷害保険が主なものになります。それ以外に特約として補償されるものが、レッカー代や自分の自動車を修理する際に借りたレンタカー代をカバーするもの、交通事故で損害を被った場合に相手へ損害賠償を請求する際の弁護士費用をカバーするもの、契約車両に搭乗していてケガをした際に定額で補償されるもの等があります。このように交通事故による損害の広い範囲をカバーする役割があるため、任意とはいえ必ず加入した上で自動車を運転することを心掛けましょう。

自動車と保険の関係

| 未分類 |

自動車を購入する際は、セットで保険の加入も検討するのが一般的ですが、一言で保険と言っても一つの商品には様々な補償が含まれており、日常生活でも役に立てることが出来ます。まず、怪我の補償として知られる人身傷害保険は車に乗っている時だけではなく、外にいる際に交通事故にあった時や、自転車に乗っている時の怪我も補償の対象とする事が出来ます。若干割高にはなりますが、いざという時のことを考えると、さほど高い出費ではありません。また、セットの特約を利用すれば日常生活で人に怪我をさせてしまった時などに補償される日常生活賠償としての機能も果たすことが出来ます。また、多くの会社の商品にセットされているロードサービスは、レッカー搬送やインキーなど、多くのアクシデントに関する手助けを無料で受けることが出来ます。さらに事故を起こしてしまった際、会社の指定する工場に車を入庫すると代車の無料貸し出しなどのサービスを受けることが出来ます。ちなみに人身傷害に加入する場合、少なくとも5000万円以上の補償を付帯することを勧めます。3000万円で十分だという意見が多く見られますが、一般家庭の世帯主の収入や休業の損失を考えると、3000万円では少ないケースが多いです。

搭乗者傷害保険は、自動車保険の特約の一つで、契約している自動車に乗っている際に自動車の運行によって怪我をしたり死亡した際に保険金が支払われます。運行とは自動車が走行している時以外にも自動車特有の装置、例えばダンプカーの荷台の上げ下ろしやクレーン車のクレーン操作、自動車のドアの開け閉め等が含まれます。一般的に自動車の事故とは思われない状況で保険金が支払われる事例として、ドアの開け閉めの際に指を挟んだ、自動車を傾斜地に止めたために自動車から降りる際に転んで怪我をした、自動車のステップに雪が付着していたため降りる際に滑って怪我をした、バスに乗っていて、急ブレーキにより転倒して怪我をした、といったものがあります。保険金の支払われ方としては通院や入院の日数に契約で決められた日額を掛けて支払われる場合や、怪我の内容によって10万円から100万円程度の定額が支払われるものがあります。何れの場合も事故日から180日以内に治療をうけた場合が対象になります。定額で支払われる場合は、5日以上の治療が条件になり、5日未満の場合は一律1万円の支払いになります。日数に応じて支払われる場合も90日が限度日数になり、それ以上通院しても支払い対象になりません。

自動車保険の種類の一つである対物賠償保険は、自動車事故で他人が所有・使用している財産や物品に損害を与えてしまい、法律上の賠償責任を追わなければならなくなった場合に適用される保険です。例えば、車の操作ミスで電柱にぶつかったり、店に突っ込んでしまったりすると、事故処理が終わった後に復旧費用として多額の損害賠償を請求される場合があります。このようなケースに役立つのがこの賠償保険で、他人を死傷させた場合に適用される対人賠償保険とともに自動車保険の中では特に重要な保険となっています。
この賠償保険における「他人」の定義は、対人賠償保険における「他人」と同様です。つまり、記名被保険者とその配偶者、同居している親族、別居している子供のうち未婚である者、記名被保険者の使用者などが所有・使用している財産については賠償保険が適用されません。
また、この保険の適用範囲は広く、財産や物品の損害だけでなく、その損害が原因で起こる損害についても補償の対象となります。例えば、店先に突っ込んだ場合、その店は復旧が終わるまで営業ができない状態になりますが、この時の休業による損失はこの傷害保険で補償を受けることができます。また、自動車事故の当事者の一方がタクシーだった場合、車両の修理が完了するまでの期間で発生すると考えられる損失について、補償を受けることができます。

自動車保険の保険の種類の一つである対人賠償保険は、保険契約の対象となっている自動車の所有・使用・管理によって他人を死なせたり、傷害をおわせてしまい、その結果法律上の損害賠償責任が発生した場合に適用される保険です。
一般的に、保険商品を理解する場合は、被保険者の範囲と支払対象の範囲についてよく把握しておく必要がありますが、この保険において被保険者となるのは、保険証券に記載されている者(記名被保険者)本人とその配偶者、同居の親族、婚姻歴が無い別居の子で、記名被保険者の使用者や、記名被保険者の承諾を得て使用している者がいる場合は、その者も被保険者に含まれます。支払対象者は他人、言い換えると被保険者以外の者となります。そのため、被保険者による自動車事故で被保険者だけが被害を受けた場合はこの保険が適用されないので注意が必要です。
また、この保険が適用されるには、事故の賠償額が自賠責保険で補償できる範囲を超えていなければなりません。そして、保険が適用された場合に支払われる保険金の金額は、事故の賠償額から自賠責保険による支払い分を除いた金額となります。つまり、この保険は自賠責保険でカバーしきれない部分をカバーするための保険だということがいえます。

任意保険の詳細内容

| 未分類 |

自動車保険は、3つに保険を組み合わせたものです。
人に怪我をさせたり、物を壊してしまった場合に対応する第三者や他人に対する賠償保険。
車の盗難や、飛び石でフロントガラスが割れた時、ボディが凹んでしまったなどの、物保険である車両保険。
運転者・同乗者の死亡や怪我に対する、搭乗者傷害や人身傷害などの傷害保険。
これらの保険種類をセットにして自動車運転のリスクを全方位的にカバーしているのが任意保険です。
分解して考えると自分に必要な補償は何なのか、何を削って保険料を削減すればいいのか見えてきます。

ただし、他人に対する賠償だけは、事前にどれくらいの損害になるか予測は出来ませんので注意が必要です。
どんな相手と事故を起こしてしまうか、どんな物を車で壊してしまうかは、その時になってみないとわからないからです。無制限にしても保険料は数百円しか変わりません。対物賠償3000万で契約し、踏切事故で電車を止めてしまい、1億以上の賠償損害事故を起こしてしまった場合、もちろん差額は自己負担になります。
更に、保険金額以上の賠償額の場合は、保険金額以上の責任が持てないので保険会社が示談交渉をしてくれない可能性も出てきます。示談交渉サービスが保険の肝です。示談交渉を最後までやってもらうためにも対人・対物は無制限をお勧めします。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は損害保険の一種で、自動車と原動機付自転車を使用する全ての運転者に加入が義務付けられています。加入手続きは車検証の更新を行う際に一緒に行うのが一般的です。自賠責保険に加入しないまま車を運転するのは無保険車運行となり、法律に基づく処罰の対象となります。また、運転者は運転時に必ず自賠責保険証明書を携帯しなければならず、不携帯だった場合は法律に基づいて処罰されます。
自賠責保険の目的は、人身交通事故の被害者の救済です。民間の自動車保険では加害者と被害者の過失割合を決定した後に補償額が決定されるのに対し、自賠責保険の場合は交通事故によって負傷すれば被害者となり、保険金を請求すれば相手の自賠責保険から保険金が支払われます。
保険金は、被害者に重過失があると認定されない限り全額が支払われます。支払われる金額の上限は被害者の被害の程度によって異なり、死亡した場合は3,000万円、後遺障害は障害の程度に応じて75~3,000万円、傷害は120万円となっています。金額だけを見ると高額に見えますが、実際には事故の損害を填補するのに自賠責保険の範囲では不十分であることがしばしばあり、ほとんどの運転者は自賠責保険とは別に民間の損害保険会社が提供している自動車保険に加入して、万が一の事故に備えています。

自動車保険を種類別に3種類に分けるとすると、購入媒体、用途、使用量に分けることができます。まず、保険に加入する際、主にふたつの媒体を通して加入することになります。ひとつめは保険代理店を通す方法で、国内損保と言われる保険会社の保険に加入する際は、それぞれの保険会社と委託契約を結んでいる代理店を通すのが一般的です。もうひとつは通販型といわれる加入方法で、主にインターネットを通じて加入します。外資系損保と言われる保険会社に加入する際に利用することが多いです。次に用途ごとに加入する種類があります。つまり、なんの目的で自動車を保有しているかによって保険料が変わるというものです。日常的に車を利用する方、通勤などに利用する方など、使用頻度の高いグループと、週末や休みの日しか使用しない利用頻度の低いグループに分けられます。当然ながら、使用頻度の高いグループが保険料が高額になります。そして、走行距離によって保険料が異なるケースがあります。テレマティクスと呼ばれるこの方法は、最近では海外を中心に普及し、これから日本国内でも普及されると言われています。国内でも、すでにこの手法で販売されている保険もあります。